2020年07月11日

108時間

別にホラーなんか見たい気分じゃなかったのに順番でこのDVDが送られてきてしまったという不運はあったが、とはいえなかなか酷い出来でした。
ぶっちゃけ後半は飽きてスマホいじり始めちゃって全然集中してなかったんだけど、内容忘れる前に残したいことはここに残しておこう。
まず「断眠」が一番のテーマなのにどいつもこいつも一切眠くなさそうなのがマジで意味が分からない。この映画のテーマとして「これは現実なのか夢なのかどっちなんだ」的な眠気との格闘って重要じゃないの。
あとわりと序盤から幻覚を見始めてしまうのも良くない。108時間が長時間であるというインパクトが薄れる。
というかゴールである108時間が迫っているっていう演出がほとんどされないのも良くない。
なんならオープニングで108時間断眠したらこうなりますって事例を見せちゃうのも良くない。
実は舞台としての壮大な仕掛けでしたっていうオチは意外に嫌いじゃなかったけど、その後のドタバタはマジ不要。せっかく綺麗にオチたのに何のためのあの流れ?
ストーリーが面白ければ気にならないんだけど面白くないので、ホラーとしては典型的な「一旦安心させといて実は別の方向から驚かせる」ってシーンも毎度腹立つ。
この映画よりもどこかのサイトの「この映画を見て観客が寝ないことが一番難しい」っていうレビューが一番面白かったわ。
posted by yyykkm at 22:33| Comment(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください