2018年08月19日

ショーシャンクの空に

すごいな、10年ぶりかよ。
しかも前回は吹替だった記憶があるので、字幕で見たのは今回が初。
こんな映画何回でも地上波で放送されそうなのに、全然されないんだよなぁ。
我慢しきれずにブルーレイ借りちゃったよ。
でもこうやって借りるとすぐ地上波で放送されるんだよなぁ。そういう謎の法則がある。
まぁ、それはそれとして。
いい映画だよねー。
ただオチを知っていると違った見方ができるんだなと思いました。
ぶっちゃけ初見の方が心の突き刺さり方がでかいかな。
前回も書いたけど全ての伏線を見事に回収する構成が素晴らしいよね。
逆に言うと伏線を回収し始めるまでが若干だれる。あまりにも一気に来るので。
トミーの存在はすっかり忘れてました。脱獄のきっかけとなる人物なのに。
19年かかったってのがねぇ。考えさせられるよねぇ。
まぁ逃げようと思えばもっと早く逃げられたんだろうけど。
やたら評判が高い映画だし確かにいい出来なんだけど、個人的には80~90点って感じの作品と思ってます。
ファイト・クラブのが好きだ。
posted by yyykkm at 12:17| Comment(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください