2012年01月15日

ダークナイト

まず、前作であるバットマン ビギンズを先に見るべきでした。
主要キャストを観客が分かっている体でガンガンストーリーが進行していくから超大変でした。
覚悟はしてたけどやっぱり俺のようなバットマンを知らない日本人には何故これがあそこまで大ヒットしたのかが理解できないんだなぁ。
クリストファー・ノーラン作品ってセリフや場面の一つ一つに内容が詰め込まれすぎてるせいで俺には初見で理解しきることができない気がする。
基本的にボーっと見てるせいで理解力の低い俺が悪いのかもしれないけど。
警官にスパイがいるくだりは展開が速すぎてついていけなかった。
ただつまらないってことは全くないですよ。
つまらない作品なら自動的に眠くなるんですが、全然そんなことはなかったし。
しかし「あそこのあのシーンが良かった!」ってなかなか思い返せないというか。
ただヒース・レジャーはマジですごいかっこいい。
あそこまで凄まじい怪演を見せてくれたヒース・レジャーが撮影後すぐに死んでしまったと考えると本当に惜しくてたまらないですね。
ゴードンってゲイリー・オールドマンだったんだ。全然分からなかった。
posted by yyykkm at 00:00| Comment(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください