2011年08月02日

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン

公開からしばらく経ってるのにすごい人でした。さすがIMAX3D。
もうね、映像だけで最高の満点です。
やっぱ乗り物が変形したロボット同士が物凄い勢いで戦うのを見ると男として本能的にテンションあがってしまう。
IMAXの力も多分にあったと思いますが、信じられないくらいかっこよかったです。
ストーリー中心の最初一時間はつまらんくて眠かったけど、それは三部作共通だったってことを思い出して頑張りました。
中国人とかもうホント全く不要だよなぁ。そんなにあの俳優をプッシュしたかったのか?
しかもなんかやけに映像がまぶしくなかった?
ビルの倒壊シーンはマジヤバイ。俺も完全にあの現場にいる気分でした。
あの巨大ミミズディセプティコンの迫力はマジすごい。
死なないに決まってるって分かりきった上でそれでもあえていうけど、主人公よく死なないなぁ。
最大の不満はもちろんミーガン・フォックスがいなかったこと。
彼女変わってんじゃん!
ミーガン・フォックスのナイスバディを3Dで堪能するのも楽しみの一つだったのに。
でも最初にヒロインのプリップリのケツを写すのは今回も同じでしたね。
posted by yyykkm at 00:00| Comment(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください