2010年02月07日

崖の上のポニョ

世界が大変なことになってるのにある家庭の物語に終始するストーリーはサインにちょっと似てますね。(雰囲気は全く違うが)
全世界でインディペンデンス・デイ並みの大惨事が起きているであろうに、そんなことを視聴者に微塵も感じさせない造り。
リサの運転もトランスポーターより酷い。(ちなみに俺はリサ大好き)
一つ一つの情景や展開のわけが分からんのは駿映画の共通事項です。
そうすけが両親を名前で呼ぶのもちゃんと駿なりの理由があるらしいですが、それが本編で語られることはありません。
前は「悪い人が一人も出てこない」っつったけど、ポニョパパは人間を絶滅させようとしてたからやっぱり悪い人か?
あとそうすけのあの船はどういう仕組みで動いてるのか気になる。っつか欲しい。
posted by yyykkm at 00:00| Comment(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください