2008年10月05日

崖の上のポニョ

なんて幸せな気分になれる映画なんでしょう。
前評判通り、悪い人が1人も出てこない。
ポニョもそうすけもお母さんもばあちゃんたちも藤本も最後まで全員いい人。
それだけで見てて幸せになれちゃいます。
完全なるファンタジー映画なので何が起きてもハラハラすることなく落ちついて見ることができます。
っつかちょっとでも現実に戻って「あんな大洪水起こったら死者の数すごくね?」とか考えちゃダメです。
それに単純に映像としても素晴らしい。特に家に帰るときにポニョが乗った津波がどんどん襲ってくるシーン。
いや~映画館でこんなにいい気分になれたのは本当に久しぶりです。
エンドロールが流れた瞬間に俺も「ポ~ニョポニョポニョ」って歌いだしてしまいました。
しかしなぜそうすけは自分の父親と母親を名前で呼んでいたのだろう?
posted by yyykkm at 00:00| Comment(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください