2008年07月12日

ショーシャンクの空に

ついに見たぞショーシャンク。
うん、素晴らしいね。
ハンマー、壁の文字、聖書、ポスター、チェスの駒、希望、見事な伏線の回収っぷり。
見終わったあとにこんなに気分がよくなったのは久しぶり。
なんていうか、ダイハードやバック・トゥ・ザ・フューチャーのような娯楽映画とは対極に位置する名作って感じですね。
多分娯楽映画が好きじゃない人は俺以上にこの映画を好きになるだろう。
それにしても時の流れが速い映画だったな。
ぁ、1つだけ、「俺は聖書の伏線が分かったぞ!」ってことは自慢したい。
でも「フォレスト・ガンプに賞を攫われた無冠の名作」と言われてるけど、俺はフォレスト・ガンプのほうが好きだ。
96点と94点を比べるような高い高いレベルでの話だけど。
ショーシャンクは終盤まで話が展開せず最後に一気にガーッと来るので、そこまでは若干だるく感じる、かも。
でもあの中盤の穏やかさも後の伏線の回収に一役買ってるからなぁ・・・やっぱり素晴らしい。
とにかく前評判通りの素晴らしい映画でした。
確かに人に勧めやすい映画ですね。
posted by yyykkm at 00:00| Comment(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください